PR

旅行編:韓国ソウルの旅① おすすめのグルメを堪能しました

旅行編

3泊4日でソウルに行ってきました。
韓国ならではのグルメから、伝統的な文化までソウルの魅力を存分に味わいました。

今回はおすすめのグルメ、観光スポット、失敗談などをご紹介しますので、よろしければ旅行プランのヒントにぜひご活用ください。

福岡空港から仁川国際空港へ

福岡空港からLCC「AIR SEOUL」に搭乗して仁川空港へ!
ソウル観光に行ってきました。

今回は、韓国旅行に詳しい知人のおすすめで、

【agoda】

で航空チケットとホテルを予約しました。


空港には出発時刻の2時間半前に到着しましたが、荷物の預け入れにはすでに数組が並んでいました。

時間に余裕を持って移動が必要ですね。

福岡国際空港を出発し仁川空港までの所要時間は、片道1時間半、あっという間に到着です。

失敗エピソードその①:入国申告書は漏れなく記入しましょう

韓国への入国審査時にパスポートと一緒に「入国申告書」を提出します。
(申告書は機内で配布してくれるので、記入しておくことをおススメします。)

入国審査の順番が回ってきて、パスポートと申告書を出すと、申告書の「韓国の連絡先」の記載が不十分で、審査員からけっこうな激しい口調で叱られました(涙)

スムーズに入国するためにも記入漏れの無いようご注意ください。

失敗エピソード②:預け入れ荷物の中身に注意しましょう

帰国時、携帯の充電バッテリーをスーツケースに入れたまま預け入れ荷物に出してしまいました。

手荷物検査場で、荷物預け入れの場所まで戻りなさい!
と、指示され、言葉がわからないのでドキドキしましたが、親切な職員の方が対応してくれて事なきを得ました。

預け入れ荷物、機内持ち込み荷物、それぞれに入れてはいけない物がありますので事前に確認してください。

WiFi

今回は「グローバルWiFi 」のルーターを使用しました。


事前にネットで予約していましたので、出発前に空港の専用ロッカーで事前に送られてきたQRコードをかざしルーターを受取ります。
返却も帰国後に専用の箱に入れて完了なので、とても簡単で便利です。

4G(高速)1.1GB/日のプランを利用しました。
韓国ではホテルや公共の多くの場所でFree WiFiが利用できるので、動画などを長時間見たりしなければ十分な容量だと思います。

WOWPASS(プリペイドカード)

仁川国際空港に到着しました。
とても広くてきれいな空港です。

ここで、まず外国人専用のプリペイドカード「WOWPASS」を購入しました。

観光中に飲食店、コンビニなどで利用できますし、お得なレートで両替もできます。

WOWPASS

チャージ機は、主要な駅やデパートなどに設置してあり、日本語表記もあるので操作の心配はありません。

仁川空港からソウルへ

仁川国際空港からソウル駅までの移動は空港鉄道 A’REXを利用しました。
所要時間は45分くらいです。

T-moneyカード 韓国の交通系IC

ソウル市内の移動には主に地下鉄です。

地下鉄で利用する交通系ICカードを購入します。
カードは専用の自動販売機やコンビニエンスストアで購入できます。
このカードで4,000Wです。


韓国グルメ(前半編)

サムギョプサル 店名:肉典食堂(コッチョンシクタン)

場所:東大門

まずはサムギョプサルを絶対に食べたい!ということで、肉典食堂本店に行きました。


受付で券をもらい待合室に行くと、中には15組ほど待っている人がいました。


韓国旅行では「コネスト」アプリを利用してみてください。

コネストで検索すると、系列店舗が数店あるようで徒歩5~6分くらいの所にある3号店に移動してみることにしました。

移動して大正解、受付のお兄さんが「次の次の次ね!」と日本語で案内してくれました。

観光客だけでなく地元の人にも人気のお店のようです。

席に座るとキムチなどのおかずと数種類のタレがすでに準備されていて、

韓国に来たんだなぁ♪

と実感します。

店員さんがおすすめメニューを日本語で教えてくれるので安心です。


キンパッ、おでん、緑豆チヂミ 店名:モニョキムパッ

場所:広蔵市場(クァンジャンシジャン)


「麻薬キンパッ」の愛称で、やみつきになるほどおいしいというキンパッを朝食にいただきました。
韓国のりの香りが良く、具材もシンプルで小ぶりなのでどんどん箸が進みます。
一緒に頼んだおでんの出汁を飲みながらキンパッをつまむと最高です。

チヂミは日本で思ってるのとは少し違ってました。
分厚くて油で揚げ焼きしてあり、外はカリッと中はふわっとしています。

広蔵市場(クァンジャンシジャン)は、たくさんおいしそうな食べ物がありました。
観光の名所だけあって、観光客が多く相当な賑わいです。

ユッケ通り、ホルモン通り、焼き魚通りなどもあります。
食べたかったけど、長蛇の列過ぎて諦めた”ねじねじドーナツ屋”さん。
おいしそうな物がたくさんあって、ゆっくり味わいたかった場所です。

参鶏湯 店名:土俗村(トソクチョン)

場所:景福宮 

こちらも有名店で、10:30頃店舗に到着するとすでにほぼ満席状態でした。

参鶏湯スープは白濁していて濃厚そうに見えますが、飲んでみるとあっさりした味わいです。

高麗人参、栗、ナツメなども入っていて滋味深い栄養満点の一品でした。

景福宮(歴史観光スポット)

土俗村に行く前に、観光スポットの古宮「景福宮」の守門将交代式を観に行きました。

鮮やかな衣装を身につけていて、鳴り響く太鼓の音がとても迫力があります。


観光客の中にもレンタルした韓服を着た方がたくさんいて、皆さんとても素敵でした。

すぐそばにある博物館にも立ち寄り、韓国の歴史にふれてきました。

旅の前半編はここまでといたします。
後半編も紹介したいおいしいお店がありますのでぜひご覧ください。

(2023年8月現在の情報ですので、ご了承ください。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました