PR

50代でもソロキャンプに挑戦!女性がソロ用テント選ぶ際の注意点

キャンプ

ソロキャンプやってみたい!と、思い立ってから、早数か月。
ついつい不安が先に立ってしまって、なかなか実行できないことって皆さんもありませんか?

でも、年の初めに掲げた”今年やりたいことリスト”の一つだったソロキャンプ。
行ってみて、無理だったら帰ればいい!と心を決めて実行に移します。

実現できたら、少しですが自分にも自信がついて、またさらに新しいことにチャレンジできそうな気がします。

ソロキャンプに行きたかった理由

自分のペースでキャンプを楽しみたい。

これまでファミリーキャンプを楽しんできました。
もちろん、それはそれでとても楽しいんですが、食事一つとってもどうしても家族のことが優先になって、なかなかくつろぐ時間がありません。

マイペースに、好きな物を食べ、焚火を見ながらお酒を飲み、ゆっくり自分の時間を楽しみたいと思ったのが、ソロキャンプに行きたかった理由です。

テントを買う

その前に、
我が家にはファミリー用テントしかないため、自分用のテントを買うことにしました。

どれにしようか??と今回もYouTubeを見まくりました。
いろいろと詳しく教えてくださる方がたくさんいるので本当に助かります。

女性がソロキャンプ用テントを買う時の注意点

女性がソロ用テントを購入する際に気をつけた方がいいなと感じた点をいくつかあげてみました。

  1. サイズと重量:軽量でコンパクトな物を選び、持ち運びや設営が容易なもので検討する。
  2. 防水性:雨や湿度の高い場所でキャンプをする場合や結露を考慮して、防水性がある素材を選ぶ。
  3. 耐風性:天候は変わりやすいので耐風性が十分にあること。
    夜間に暴風になったりすると、補強作業は女性ではかなり大変と予想されます。
  4. 設営の簡易性:一人でテントを設営することが基本になるので、簡単に設営と撤収ができるテントを選ぶ。
  5. 安全面:前室が確保できて、就寝時に荷物をしまうことができる。
    野生の動物対策、盗難対策、食べ物の保管にもなります。
  6. 予算:高くて高性能、おしゃれなテントがたくさんありますが、自分に見合った物を購入し大事に使用する。

キャンプのスタイルや環境によって異なりますので、自分のニーズに合ったテントを選びたいですね。
お近くに実際にテントを設営して展示しているお店があると、サイズ感やデザインが分かり、購入時の参考になります。

購入したテント

そして今回私が購入したのは、テンマクデザイン「サーカスTC DX」です。

テンマクデザイン サーカスTC DX  サンド (tent-Mark DESIGNS)【ワンポール テント】

価格:52800円
(2023/10/13 15:21時点)
感想(10件)


実際に購入、設営してみての感想


メリット
・ポリコットン素材なので遮光性が有り、火の粉にも強い。
・デザインがおしゃれ
・前後を開けることができ、通気性が良い
(別売りのメッシュインナーを購入すれば、虫対策できます)
・設営のためのガイドが付属されているので、設営がしやすい
・DX(デラックス)はサイドフラップがついているのでタープの代わりにもなる


デメリット
女性一人では大変かなと思った点
・センターポールを立ち上げるのに力が必要
・ポリコットンで重量があるので、持ち運びは少し大変

私は、腕力には若干自信あるおばちゃんなのと、いずれは旦那さんと2人で利用することを考慮して購入を決めました。

キャンプ場を選ぶ

次はどこのキャンプ場に行くか決めます。

過去に行ったことがあり、サイトがイメージできるキャンプ場の方が安心感があるので、

今回は佐賀県唐津市鎮西町にある、「波戸岬キャンプ場」 に行くことにしました。

福岡市内からは車で1時間30分程度と少し距離はありますが、海が一望でき、そこに沈む夕日の景色がとてもきれいな場所です。

サイトは、
・オートサイト
・一般サイト
・フリーサイト
・プレミアムエリア
があります。(キャンプ場のサイトに見やすいMAPがありますので、そちらを参照ください。)

今回は次の理由から一般サイトの区画を予約しました。
・料金が安い
・きれいな夕陽を見ることができる
そして何より大事なのが、、、
・サイトが区切られていてお隣が離れているので、初心者の私が設営に苦戦していても気づかれない💦
駐車場、トイレからなるベく近いのも大事な条件です。

いざ、出発

さて、意を決して出発しました。

そこからキャンプ場に到着するまでに、やっぱり帰ろうかな、いや大丈夫と何かい頭の中で繰り返したことか。

自分でも何をやってんだとしまいには笑いが込み上げてきました。

初めての一人テント設営

なんとか無事にキャンプ場に到着しました。

受付を済ませたら、まずはどれだけ時間がかかるか分からないのでさっそくテントを設営します。

YouTubeで設営のイメージトレーニングをしていたとおりにやっていき、どうにかテントが立ちました。

どうですか?

「うりゃ~!!」と、下腹に力を入れてセンターポールを立ち上げ、ヨレがありますが私にも設営することができました。

めちゃくちゃ嬉しい!

きれいな夕陽

思った以上に時間がかかり、気が付けば太陽が沈む時間になっていました。

こういう景色を見られると疲れが吹っ飛びます。

海に沈む夕日を見ながら、サイコーの気分でビールで一人乾杯です。


後日、友人に「一人で行って何すんの??」と言われ、その時はうまく答える事ができませんでしたが、多分こういう気分を味わえることなのかなぁ。

キャンプ飯

今回は本当に簡単な食事で済ませます。


途中にあるスーパーで購入したカツオのたたきに、総菜のローストビーフ。
魚介のアヒージョは誰にも気兼ねなく、にんにくをいっぱい入れます。

ビールの次は、ハイボール。

でも、あまり酔っぱらうと夜暗くなって、もし何かあったら・・・
おばちゃんにそういうリスクないわっ!と一人でノリツッコみ。

そうやって、焚火を見ながら夜が更けて行きました。

なんとか無事に

夜、眠れるかなぁ~と心配しとりましたが、朝まで一回も起きること無くぐっすり。

こうして、 ”おば初ソロキャンプ” は無事に成功しました。

また、行きたい。
いや、行きます!

二日目に立ち寄った唐津のお話は、また続きでご紹介します。

ご覧いただきありがとうございました。
それでは、また!! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました