PR

旅行編:お伊勢参りと神明神社(石神さん) 二見興玉神社に参拝 (後半編)

旅行編

伊勢神宮参拝と、女性の願いをひとつだけ叶えてくれるという鳥羽は神明神社・石神さん、そして二見興玉神社を訪ねた旅の後半編です。

二見興玉神社

お伊勢参りは二見から ということで、

二日目、伊勢神宮参拝の前に二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)に行きます。
最寄りのJR二見浦駅から徒歩約15分で到着します。

二見蛙

日の出

日の出の遥拝所と言われる、夫婦岩の間から昇る日の出が見られることを期待して、夜明け前に二見に到着します。


この日はありがたいことに天気に恵まれ、美しいご来光が目の前に映ります。
岩間から昇る朝日を拝み、とても厳かな気持ちにさせていただきました。

禊(みそぎ)

次に「禊の浜」で穢れを落とします。

浄化した心身で伊勢神宮に臨むのが正式な参拝だそうです。

と言っても、足先を少し濡らしただけですが💦

さぁ、伊勢神宮に参拝です!

伊勢神宮 外宮~内宮へ

伊勢神宮」

まずは外宮に参拝

お伊勢参りは、先に外宮を参拝し、その後に内宮を参拝するのが古くからの習わしとのことですので、私たちもそれに習いました。

JR二見浦駅から外宮の最寄駅「伊勢市駅」に向かいます。
伊勢市駅から外宮までは徒歩で約6分なので、合わせて20分程で到着します。

この日は7:00には伊勢市駅に到着、外宮へ移動します。
早朝の外宮内は参拝客もまだ少なく、とても静かで凛とした朝の空気を感じることができました。

伊勢じぃ

ここで、一人のおじいちゃんと出会って、外宮内を同行することになります。

伊勢じい(勝手にあだ名)は、伊勢神宮とは何も関係ない伊勢神宮好きの地元の方らしく、個人の趣味で観光客に伊勢神宮の説明をしてるようす。

いろいろ詳しく説明をしてくれてありがたかったんですが………


なかなか私たちを解放してくれず、

アラフィフ
アラフィフ

もう内宮に移動したいんですけどぉ(笑)

とも言えず💦💦💦

だけど、伊勢じぃ いろいろ勉強になりました。

こちらの写真は亀だそうです。

ハート形の岩

じぃが教えてくれなかったら、素通りして気にもとめなかった!

また、伊勢神宮は100以上の宮社全てを含めて神宮というそうで、日頃の感謝をお伝えするところであって、お願いごとはしません。
でも「外宮では一か所だけ、多賀宮(たかのみや)ではお願いをして大丈夫よ」と教えてくれました。

ご親切にありがとうございました!

内宮へ移動

外宮から内宮への移動は、バスを利用しました。
参道を出るとバス停があります。
乗車「外宮前」⇒下車「内宮前」で、所要時間は約30分程です。

猿田彦神社 みちひらきの大神

私たちは、「内宮前」バス停の手前(「猿田彦神社前」バス停)で下車し、
「猿田彦神社」を参拝しました。

境内には芸事の神さまを祭った 「佐瑠女神社」 もあります。
芸能人やスポーツ選手などが多く参拝することで有名な神社です。

おはらいまち・おかげ横丁 食べ歩き

猿田彦さんから内宮までは、徒歩で移動できます。

内宮参拝の前に、小腹が空いたので「おはらいまち」「おかげ横丁」をプラプラ散策です。

できたて熱々の玉子サンド
松阪牛コロッケと伊勢かまぼこ

松阪牛は、今回はコロッケでがまん💦
いか下足が練りこまれたいか棒は、揚げたてでビールにピッタリです。

赤福本店

ここは絶対に外せないですね。


五十鈴川を眺めながら赤福をいただける建物の方は、行列ができていました。
私たちは、すぐに席に座れそうな対面の建物でいただきました。


風情よりもとにかく食べたい!私たち。
できたての赤福は、お餅が柔らかくておいしかったです!

豚舎

「豚舎 おかげ横丁店」の牛丼です。

おはらい町の景観に馴染んだ外観の「スターバックス」は、今回は見るだけ。

他にもおいしそうな食べ物がたくさんありましたが、さすがにお腹いっぱいになりました。

内宮

内宮に向かいます。

緑の木々と川のコントラストがとてもきれいです。

内宮でも、お願い事をしていいのは「荒祭宮」だけ、参拝の列ができています。

旅の終わり

最後に名古屋駅で、手羽先と味噌カツをいただいて帰路に就きます。

家族旅行はもちろん楽しいですが、一緒にいて気の置けない友人との旅行は笑いあり、涙あり、本当に楽しい旅でした。

今回の記事が少しでも、みなさまのご参考になれば幸いです。
ご覧いただきありがとうございました。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました