PR

50代は親の介護を意識し始める時期 行動の変化で気づきたい認知症の初期症状

雑記

50代になると、友人との会話に親の介護の話題が増えてきたりしませんか?

私も母が認知症になり介護がスタートしたのが50代です。

でも、「母の様子がこれまでとは何か違う」、頭のどこかでそう感じていたのに介護は自分にはまだ関係ないと思っていました。

もっと早くに気がついていれば、少しでも知識があればと後悔が残ります。

この記事では、認知症発症前から母が施設に入所するに至るまで私が実際に体験したことから、

・こんな行動が見られたら認知症の前兆かも
・認知症になる前にやっておけば良かったこと
・利用したいサービス

等々について、まとめてたものです。

親御さんとの幸せな時間を大切にしながら、介護する側の負担が減るヒントになればうれしいです。

ぜひ最後までご覧ください。

認知症の前兆? こんな行動が見られませんか

母の様子がおかしいと思ったのは、今までとは違う行動が目立ってきたことです。

  • 病院の予約日を何度も間違える。
  • 買い物に行って、同じものを大量に買う。
  • 一人での外出が困難になる。
  • 頻繁に電話してくる。
  • 怒りっぽくなる
  • 探し物が多い。

後に、これらの行動は認知症の初期症状だったことに気づきました。

そんな状況にもかかわらず、

どうしてそんなことをしたの!?

と、事あるごとに母を責めていました。

うちの母に限って、と思っていたからです。

認知症を疑った決定的なできごと

ある日、母からATMで現金を引き出して欲しいと頼まれ通帳を預かると、残高が百万単位でマイナスになっていました。

母

どうしてそんな事になったのか、よく分からない

と、全く他人事のようで、ここでやっと認知症を疑いました。

認知症を疑ってからの動き

病院にかかる

何科を受診すればいいのかネットで調べた結果、「脳神経内科」に行くことにしました。
脳のMRIを撮り、画像から脳内の血流低下の状態がはっきりと分かります。

さらに、いくつかのテストを受け、レビー小体型認知症の診断を受けました。

認知症というとアルツハイマー型をまず思い浮かべますが、いろいろな種類があることをこの時初めて知ります。

包括支援センターに相談

次に、市の包括支援センターに連絡を入れました。

担当のケアマネージャーが決まり、これから介護サービスを受けられるよう支援をしてくれます。

介護認定を受ける

介護認定員の立ち合いのもと、現状どの程度の介護が必要なのか確認され、認定区分が決まります。

  • 自立
  • 要支援 1~2区分
  • 要介護 1~5区分

決定した区分で、受けられる介護サービス内容が決まっています。

母は、要支援1の判定結果。
医療機関併設のデイケア施設に週2回、通所することが決まりました。

病状の進行

薬を飲み始めた母は、「頭の中が晴れたみたいにスッキリする」と言いました。

でも、少し落ち着いた時期が続いたと思うと急に症状が悪化する。
この繰り返しで徐々に進行していき、最初に通った施設では対応が難しくなりました。

先にも触れましたが、認定区分によって受けるられるサービスが決まっています。

通常、介護認定の更新は1年ごとが基本のようですが、症状が思ったよりも進行し、

  • もう少し手厚いサービスを受けたい
  • 通所日数を増やしたい

などの希望があれば、期の途中でも介護区分の見直しを包括支援センターに相談してみましょう。

サービス活用

もしもの時のために

行政にはいろいろなサービスがありますので、活用してみてください。

遠方に住む姉が一人暮らしの母を心配して、しばらく面倒を見ると連れていった翌朝、
「朝起きたらお母さんがいない」と連絡が入ります。

12月の早朝、自宅に帰りたい一心で、全く知らない土地で行方不明になりました。

幸いにも、「高齢者SOSネットワーク」というサービスに登録していて、自分の名前は言えたのでしょう。
警察に保護され無事に帰ってきました。

苦労した食事の手配

料理、買い物をすることも難しくなり、週に何度か通っては冷蔵庫に食材を補充していました。

よく利用したのは、日持ちがする個包装のレトルト惣菜です。

煮物12食セット レトルト惣菜 売れ筋詰め合わせ 電子レンジで調理可 送料無料(北海道・沖縄は 550円)

価格:6091円
(2024/5/20 15:58時点)
感想(137件)

症状のせいか、あるものをどんどん食べるので、まだ食材が残っているかな?と、いつも気がかりでした。

そういう時は、宅食サービスもおすすめです。

総出荷600万食突破!栄養価を徹底管理した健康宅配食【メディカルフードサービス】

親御さんが元気なうちに話しておきたいこと

悲しいですが、うまく会話ができなくなる時がいずれ来ます。


その時のために、今のうちからやっておきたいことをまとめてみました。

親が認知症になる前に話しておけば良かったこと
  • 貴重品・大事な書類の管理
     保管場所を相互で確認、共有しておく。
  • 口座管理
     銀行口座、証券口座を把握し、使用していない口座は解約する。
  • 断捨離
     不用品の処分は、労力も費用もかなり負担がかかるので徐々に進めておく。
  • 必要経費
     施設に入所した時にかかる費用の概算を出し、それが年金や預貯金で対応できるのか確認する。
  • 家の管理
     売却するかどうかも含め方向性を決めておく。
     売却しなくても管理が必要になり、雑草や植栽の手入れはかなり大変。
     固定資産税や、水道光熱費も継続して費用がかかる。
  • 役割分担
     兄弟姉妹がいる場合、おおまかな役割をイメージしておく。
      (長期の介護で負担が偏ると不満の原因になります。)
  • 冠婚葬祭場の互助会(積立)などを利用していないか。
  • 入所施設のリサーチ
     ネットの口コミだけではなく、友人・知人からの情報も聞いてみる。
     本人の希望も取り入れることが可能になる。

我が家では登記簿などの重要書類が未だに見つからずとても困っています。

親御さんの気持ちを考えると話づらい内容もあり、いっきに確認するのは難しいと思いますが、「エンディングノート」などを使い、折を見て少しずつでも話す機会を設けておくことをおススメします。

入所施設を探す

母の一人暮らしはいよいよ限界になり、最終的に現在は特別養護老人ホームで生活しています。

入所施設を決めた判断材料

  • 知人からの情報、これが一番の決め手でした。
    実際に親御さんが入所している知人からリアルな状況聞くことができます。
  • 職員さんの対応
    電話で問い合わせをした時や面談時、職員さんが丁寧に対応してくれるかどうか。
  • 施設の見学に行った時、入所者の方の表情が明るく、はつらつとしているか。

入所をためらっている方に

施設に入所させることにためらいを感じる方も多いと思いますが、私は母が一人暮らしだったこともあり結果として入所は大正解でした。

施設に入所してこんなところが良かった!

・栄養管理された食事で健康を維持できる
・入浴のサポート
・衛生的な空間での生活
・運動やレクリエーション活動で刺激がある
・人とのコミュニケーションをとれる

これらのおかげで、とても元気に生活しています。

もし悩まれている方は決して一人で抱え込まず、包括支援センターに相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

最後に

少しでも早く認知症の症状に気づき治療を開始し、ご本人と家族が認知症について理解を深めることで、よりよい生活を送るための準備もできます。

少しでもおかしいなと思うことがあれば、ぜひ病院に行かれてください。

50代は、更年期などで自分の変化にも戸惑う時期。
そこに介護が加わると、本当に大変です。

日々の忙しさにため息をついてしまうそんな日もありますが、息抜きできる時間、趣味持ってストレスを溜めずに自分のことも大切にしたいですね☆

いかがでしたでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ハリツヤ肌が、ずっと続く。【初回送料無料】

コメント

タイトルとURLをコピーしました